要介護の認定数は年々急速に増え続け、在宅の介護等が必要になるケースが急増しています。そのためなかなかご自分のために時間を使えない方も多くなり、

  • せっかく始めた趣味が続けられない
  • 何かにチャレンジしたいけど家を空けられない

という方も増えてきています。

実際に、生徒の皆さんの中にもそういう状況になる方が見受けられるようになりました。山岡ダンススクールでも何かできないかと考え、訪問医療マッサージを行うことといたしました。

 

訪問医療マッサージとは

手術後や病気の後遺症などで寝たきり、歩行が困難な方に対して、国家資格(あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師)を持った施術師が、ご自宅や高齢者施設等にお伺いして、マッサージやはり・きゅうの施術、リハビリを行います。

硬くなって動きにくくなった関節や、筋肉の委縮・麻痺が起こっている部位に対して、施術師が手技を用いて、関節の可動域の拡大や筋力増強を促し、症状の改善また身体の機能を維持することを目的としています。

麻痺やしびれ、足腰の筋力の衰えなど病院に通うことが難しい方も、外出の苦労や心配をせずに安心して受けていただける医療マッサージです。

 

このような人が対象です

主な対象の方

●老化による筋力低下や骨折で歩行が困難な方
●疾病(脳梗塞後遺症、パーキンソン病など)のため日常生活が困難な方
●脳血管障害による筋麻痺で歩行が困難な方
●関節拘縮 により歩行が困難な方
●寝たきり状態の方
●要介護者・身体障害者の方

その他、身体のどこかが不自由で通院が困難な方はお気軽にご相談ください。

※基本的な適応症状(筋麻痺、関節拘縮)はありますが病名には規定がありません。
※自力歩行が困難な方対象です。

対象疾患

マッサージは、診断名によることなく、筋麻痺・関節拘縮といった症状が対象となります。

麻痺の緩解措置としての手技、あるいは、関節拘縮や筋萎縮が起こっているところへ、関節可動域の拡大と筋力増強を促し、症状の改善・維持を目的としたマッサージをします。

 

お気軽にご相談ください

山岡ダンススクールでは、ボディーコーディネーターとして訪問マッサージの施術家が待機しております。訪問の合間に受付にてご対応していますので、ちょっとしたことでも気になることがございましたら、お気軽にご相談ください。