4月は新年度ということで、何かと予定が変化しやすい時期です。ゴールデンウィークも終わり、そんな不安定な予定も落ち着いた頃でしょうか。しばらくぶりのメンバーが続々復活されてきています。

中には韓国人の方もいるのですが、ちょっと面白いことを教えてもらいました。

続きは、あとがきで・・・

 

★レッスンのおさらい

今日もレッスンお疲れ様でした。それではおさらいです。

 

【入門・基礎クラス】

本日はマンツーマンっぽくなったので、上達メソッドのシンクロをじっくり行いました。それと背骨の使い方。

種目がタンゴなので、シャープな動きには背骨の安定が欠かせません。水上スキーと、街で知り合いに呼び止められた時のネックの使い方で、背骨の位置を確認しました。

 

【初中級1】

150512-01種目はジャイブ。会員専用に動画があることと、他のクラスでもレッスンしていることもあり、ステップは問題なくできるようになっていると思います。さすがですね。

ヒップバンプというステップを使い、ジャイブのスイングアクションを練習しました。お尻に意識を持っていくって、なかなか難しいですよね。だから楽しみながら習得です。

 

【初中級2】

ワルツのビッグスイングをマスター。こちらも背骨の意識が大事です。

150512-02背骨は体の後ろに位置しています。だから、そこを中心に回転動作を起こすと、前にある肋骨や横にある肩などが大きく動きます。この軸の意識がずれたりなくなったりすると、ダンスの動きが大きく変わってくるので要注意。

背骨の動きを意識しながら、上達メソッドの腰入れのパワーを最大限に発揮できるよう、パーツを区切って練習しました。

 

【あとがき】

お久しぶりです!

というのを、韓国語では、

俺がマユミだ

と言うそうです。久しぶりに復活の韓国人の方に教えてもらいました。

パートナーがまゆみ先生なので、会員の皆さんの一回で覚えられたと思います。一応グーグル翻訳で裏をとってみたのですが、「マユミ」の部分が「マムミ」のように聞こえました。興味のある方は、グーグル翻訳で確認してみてくださいね。

by 山岡 隆人