昨日のアメジストドームですが、実はプレゼント。教室のオープン祝いです。「教室が繁盛するように水晶でも贈りますね」という生徒さんの声がはじまりです。

後日その方から電話をいただき、「注文したものが届いたんだけど、重くて持っていけないので別のをそちらで注文してください。」とのこと。「重い」という表現にちょっと引っかかりながらも、おすすめの石があるとのことなので、それを見てみました。

水晶というと透明な球を想像しませんか?価格は3000円くらいだと勝手に思っていたのですが、おすすめの石を見てビックリです。アメジストというのが紫水晶で、価格はゼロが一つ足らないどころか掛け算まで必要。まさに大人のプレゼントです。

実はこういう大人、現在はもちろん過去にさかのぼっても何人かいらっしゃいました。与える発想、感謝の気持ち、心の綺麗さが共通しています。しかし、残念ながらこの逆もいますよね。

ジャイアンの名言「お前のモノは俺のモノ、俺のモノは俺のモノ!」

与えられていることに目を向けることができず、自分が得することしか考えてない奪う発想。そういう発想というのは、実際のモノだけではなく、周りの笑顔と時間をも奪っています。こっちの方が大きな罪。本人が気づいてないケースが結構多いのかも・・・。さらに業者レベルでこれをやられると、ダメージもかなり大きいです。

奪う発想の者からは、人とモノとチャンスがどんどん離れていきますが、与える発想の者には引き寄せの力があると思います。アメジストドームをプレゼントしてくださった方は、おそらく自分のためには購入することの無かった石を引き寄せました。もうお分かりでしょうが、この石の力ですでに色々なことが動いています。

追記:昨日、石の設置についてアドバイスをいただきました。入り口に向かって置くのが正解のようです。ベストな配置を、只今研究中ですので、今後ともよろしくお願いいたします。

by 山岡 隆人