最近は、上達メソッドの腰入れ・乗り越えの補強で、足裏とおなかの連結意識を高める練習を行っています。

ラテンでは、クカラチャに直結。スタンダード種目では、ロアーによる床の圧縮と移動の力ということで、リード&フォローと関係してくる大切な意識です。

 

  1. まずはしっかりと足裏に乗る
  2. お腹で足裏を感じる
  3. さらにお腹で足裏を押す
  4. 背筋に床からのエネルギーを通す
  5. ホールド、枠にもテンションを入れ、相手に動きを伝える

 

こんな感じでやっていくと、しっかり床に立てる力強いダンスになると思います。床に接しているのは足裏のみですので、どうやってその力を伝えていくかというのが大切ですね。

 

しっかり立ててしっかり動けると、歩幅も大きくなります。

 

 

ビシッと決まると気落ちがいいですね(^_-)-☆

それではもう一つ、

 

 

最後に笑顔のもう一枚を・・・

 

 

ダンスを踊るうえで、立つということは基本中の基本になります。どうやって立つか、そしてそのままの意識で動きに発展できるかが大切ですね。相手がいると、その壁も高くなりますが、相手と一緒に楽しく壁を登っていきましょう!!

by 山岡 隆人